地球流体電脳倶楽部

/GFD_Dennou_Club/ ftp/ arch/ deepconv/ sample/

2007-01-07_odakker

deepconv/arare4 を用いた計算例
小高 正嗣 (2007/01/07)
[Skamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験 詳細は ./2007-01-07_odakker/index.htm を参照.]


要約

arare4-20061224/
arare4-20061224.tgz
dx150m/
Skamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験: 格子間隔 150 m の結果
小高 正嗣 (2007/01/07)
[計算設定ファイルは ./dx150m/arare-earth.conf]
dx300m/
Skamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験: 格子間隔 300 m の結果
小高 正嗣 (2007/01/07)
[計算設定ファイルは ./dx300m/arare-earth.conf]
tools/
Skamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験: 描画スクリプト置場
小高 正嗣 (2007/01/07)

詳細

arare4-20061224/
arare4-20061224.tgz
dx150m/
Skamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験: 格子間隔 150 m の結果
小高 正嗣 (2007/01/07)
[計算設定ファイルは ./dx150m/arare-earth.conf]
dx150m/index.htm
deepconv/arare4 : Scamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験 (2) サムネイル画像置き場ディレクトリ
小高 正嗣 (2007/01/07 自動生成)
thumbdir/dcmodel-thum-make.rbthumbdir/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も thumbdir/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
dx150m/thumbdir/
deepconv/arare4 : Scamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験 (2) サムネイル画像置き場ディレクトリ
小高 正嗣 (2007/01/07 自動生成)
thumbdir/dcmodel-thum-make.rbthumbdir/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も thumbdir/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
dx300m/
Skamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験: 格子間隔 300 m の結果
小高 正嗣 (2007/01/07)
[計算設定ファイルは ./dx300m/arare-earth.conf]
dx300m/index.htm
deepconv/arare4 : Scamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験 (1) サムネイル画像置き場ディレクトリ
小高 正嗣 (2007/01/07 自動生成)
thumbdir/dcmodel-thum-make.rbthumbdir/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も thumbdir/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
dx300m/thumbdir/
deepconv/arare4 : Scamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験 (1) サムネイル画像置き場ディレクトリ
小高 正嗣 (2007/01/07 自動生成)
thumbdir/dcmodel-thum-make.rbthumbdir/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も thumbdir/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
tools/
Skamarock and Klemp (1989) の Cold bubble 実験: 描画スクリプト置場
小高 正嗣 (2007/01/07)
tools/gpview_dump
X Window ダンプ用 gpview
北守 太一 (2006/02/20)
gpview を少し修正して X window ダンプするようにしたもの.

last update: 2021/07/29 10:05:14
this page is generated with mksigen