地球流体電脳倶楽部

/GFD_Dennou_Club/ ftp/ arch/ deepconv/ sample/

2012-03-01_yamasita_1

deepconv/arare4 の湿潤実験 高度 1 -- 15 km で 5 K/day の冷却, 地表面温度固定, 最下層で拡散型の熱フラックスを考慮. 高度 15 km より上にスポンジ層を導入. 初期に下層飽和比一定, 上層等温の温度分布を与える. 臨界飽和比1.35. 領域は 50 km x 20 km. 数値粘性係数 alpha = 1.0 x 10^{-4} で計算. 0 -- 30 日目.
山下 達也 (2012/03/01)


要約

BasicState-NumDiff.pdf
CloudBugReport.pdf
FillNegConservation.pdf
Marscond-rename-20_30day.sh
MassBalance.pdf
draw_RadHeatIntegral.rb
figdir/
index.htm
deepconv/arare4 : 主成分凝結を考慮した湿潤対流実験(中層一様冷却・下層拡散型熱フラックス, 臨界飽和比 1.35, 飽和比一定・等温型の初期温度分布の場合) サムネイル画像置き場ディレクトリ
山下達也 (2012/03/02 自動生成)
thum-src/dcmodel-thum-make.rbthum-src/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も thum-src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
kodama_arare.sh.o1105.txt
kodama_arare.sh.o1108.txt
kodama_arare.sh.o1115.txt
name-transform.sh
test-masscondense-result.txt
test-masscondense.f90
thum-src/
thumbdir/
deepconv/arare4 : 主成分凝結を考慮した湿潤対流実験(中層一様冷却・下層拡散型熱フラックス, 臨界飽和比 1.35, 飽和比一定・等温型の初期温度分布の場合) サムネイル画像置き場ディレクトリ
山下達也 (2012/03/02 自動生成)
thum-src/dcmodel-thum-make.rbthum-src/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も thum-src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]

詳細

BasicState-NumDiff.pdf
CloudBugReport.pdf
FillNegConservation.pdf
Marscond-rename-20_30day.sh
MassBalance.pdf
draw_RadHeatIntegral.rb
figdir/
index.htm
deepconv/arare4 : 主成分凝結を考慮した湿潤対流実験(中層一様冷却・下層拡散型熱フラックス, 臨界飽和比 1.35, 飽和比一定・等温型の初期温度分布の場合) サムネイル画像置き場ディレクトリ
山下達也 (2012/03/02 自動生成)
thum-src/dcmodel-thum-make.rbthum-src/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も thum-src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]
kodama_arare.sh.o1105.txt
kodama_arare.sh.o1108.txt
kodama_arare.sh.o1115.txt
name-transform.sh
test-masscondense-result.txt
test-masscondense.f90
thum-src/
thumbdir/
deepconv/arare4 : 主成分凝結を考慮した湿潤対流実験(中層一様冷却・下層拡散型熱フラックス, 臨界飽和比 1.35, 飽和比一定・等温型の初期温度分布の場合) サムネイル画像置き場ディレクトリ
山下達也 (2012/03/02 自動生成)
thum-src/dcmodel-thum-make.rbthum-src/index.txt により自動生成
[この SIGEN ファイル自体も thum-src/dcmodel-thum-make.rb からの自動生成である]

last update: 2021/07/28 10:06:11
this page is generated with mksigen