前へ | 目次へ | 次へ

とりあえず印刷: wsn=n

2000-08-28 豊田英司


印刷したい!

さきほどの

$ gtview test2d.nc

の例で画面表示が得られたことと思いますが、紙に印刷したいこともあるでしょう。そういうときは

$ gtview test2d.nc wsn=2

としてみましょう。Windows 版では「印刷」のダイアログが表示されます。UNIX 版ではカレントディレクトリに dcl.ps という名前の PostScript ファイルができます。お使いの UNIX の種類によりますが、lp(1) や lpr(1) をつかって印刷してください。

wsn って何?

オプション wsn の後に指定する数字は DCL にワークステーション番号として引き渡されます。数字によって起こる挙動を以下に示します。

wsn=数値 Windows UNIX
0 gtview は標準入力に可能なワークステーション番号のリストを表示し、標準入力から読み取った整数値を用いて動作する
1 画面表示: ウィンドウが開く 画面表示: X Windows System のウィンドウが開く
2 印刷: 「印刷」ダイアログが表示される 印刷: カレントディレクトリに dcl.ps という名前の PostScript ファイルが出力される
3 ファイル出力: カレントディレクトリに dcl.ps という名前の PostScript ファイルが出力される 画面表示: 標準出力に Tektronix 4014 用の描画命令が出力される。

前へ | 目次へ | 次へ